産後早期の保湿がアトピー性皮膚炎の予防につながる

chiba

アトピー性皮膚炎は、長期間皮膚がかゆく荒れる病気です。ただ皮膚が荒れるだけでなく、食物アレルギーのリスクにもなるため、アトピー性皮膚炎になったら、そのケアには十分注意しなければなりません。

今回はそのアトピー性皮膚炎の予防につながる方法のひとつをご紹介します。

毎日「全身に保湿剤」を塗ることがアトピー性皮膚炎の発症リスクを減らす

両親や兄弟がアトピー性皮膚炎だったことのある、アトピー性皮膚炎のリスクが高い赤ちゃんに、生後1週目から半年間1日1回保湿剤(2e[ドゥーエ])を全身に塗るという研究が2014年に行われました。その結果、全身に保湿剤を塗った赤ちゃんは、乾燥した部分だけにワセリンを塗った赤ちゃんよりも、3割以上アトピー性皮膚炎を発症しにくかったのです。

(参考文献:J Allergy Clin Immunol. 2014 Oct;134(4):824-830.)

乾燥に気づく前に保湿剤を塗ることが重要

乾燥している部分にだけワセリンを塗るよりも、乾燥しているかどうかにかかわらず全身に保湿剤を塗った方が、アトピー性皮膚炎の予防につながりました。つまり、乾燥に気づく前に保湿剤を塗ることが重要そうです。
したがって、毎日「全身に」保湿剤を塗ることがおすすめです。

なお、研究で使用されて効果があるとされたのは2e[ドゥーエ]という市販の保湿剤でした。しかし、他の保湿剤は同様の研究が行われていないだけで、効果がないというわけではありません。他の保湿剤でも毎日全身に塗れば同じようにアトピー性皮膚炎の予防につながる可能性があります。

 

赤ちゃんに保湿剤を塗ることはまったく害はなく、肌がすべすべになります。さらにアトピー性皮膚炎も予防できる可能性があるのであれば一石二鳥ですね。

 

 

さらに詳しく聞いてみたい方はぜひ直接ご相談ください。

小児科オンラインはこれからもお子さんのアレルギー・皮膚に関わる疑問を解決するために情報を発信していきます。

(小児科医 千葉剛史