ロタウイルスワクチンって接種すべき?

生後2か月で予防接種を開始するとき、任意接種であるロタウイルスワクチンを受けるか悩むことはありませんか?ロタウイルスワクチンについて簡単に解説します。

ロタウイルスにかかるとひどい下痢、嘔吐を引き起こします

5歳未満のお子さんがロタウイルスに感染すると、急性胃腸炎を引き起こします。症状としては急激な嘔吐、頻回の水様下痢、半数近くのお子さんは発熱することもあります。特効薬はなく、多くは自然に回復しますが、乳児期にかかると重度の脱水、けいれん発作、腎臓の機能低下、脳症などが起きることがあり、その場合は入院が必要です。先進国ではほとんどありませんが、十分な医療が受けられない国では死亡例もあります。

ロタウイルスワクチンは決まった期間しか接種できない飲むワクチンです

ロタウイルスワクチンには、ヒトロタウイルスを弱毒化した「1価弱毒性生ワクチン(ロタリックス)」と、ウシーヒトロタウイルス使用している「5価生ワクチン(ロタテック)」があります。いずれも生ワクチンなので、接種すると4週間は他のワクチンは接種できません。

1価ワクチンは2回(生後6週以降、4週以上あけて24週までに完了)、5価ワクチンは3回(生後6週以降、4週以上あけて32週までに完了)内服する必要があり、その時期を過ぎると副反応が出てしまう可能性が高くなるため受けられません。

自費接種ですが自治体から補助が出る場合も

ロタウイルスワクチンの予防効果は非常に高く、ワクチンを導入した国ではロタウイルスにかかるお子さんが劇的に減少しています。
自費となるためワクチン代はかかりますが、自治体によっては補助が出る地域もあります。お住まいの自治体に一度問い合わせてみると良いかと思います。

ただし、生まれつき腸に異常がある場合や、腸重積にかかったことがある場合、重度の免疫不全がある場合などは接種できません。かかりつけ医に確認しましょう。

ロタウイルスワクチンの副反応では腸重積に気をつけましょう

とても稀なケースですが、接種したあと(特に初回接種のあと)、1週間以内に腸が腸の中に入り込んでしまう腸重積を起こすことがあります。症状は極端な不機嫌、くり返す嘔吐、ぐったりしてしまう、顔色が悪くなる、便にイチゼリーのような血液が混ざるといったものです。万一これらの症状が出現した場合は、できるだけ早く医療機関を受診しましょう。

(腸重積についての詳細は「見逃せない乳幼児の腹痛 〜腸重積ってどんな病気?」もぜひ参照してください)

生まれつき腸に異常がある場合、腸重積にかかったことがある場合、重度の免疫不全がある場合などは接種ができません。

 

ロタウイルスワクチンは、お子さんが吐いたり下痢をくり返すつらい胃腸炎の一つを予防できるワクチンです。また皆さんに受けてもらうことで流行を防ぐ効果も高く、集団保育をお考えのお子さんには特におすすめしています。接種を迷っているお母さんはぜひ1か月健診や初回予防接種の際に小児科で詳しく聞いてみてください。もちろん小児科オンラインでのご相談も大歓迎です。

 

 

さらに詳しく聞いてみたい方はぜひ直接ご相談ください。

小児科オンラインはこれからもお子さんの予防接種に関する疑問を解決するために情報を発信していきます。

(小児科医 竹下淳子