赤ちゃんのゲップが出ない時の対処法

生まれたばかりの赤ちゃんに母乳やミルクを飲ませるのは一苦労ですよね。飲んだ後のゲップがうまくいかないというお悩みも、ゲップと一緒にせっかく飲んだものを吐き戻してしまうんじゃないかという心配の声も、よく聞きます。

ゲップを出すのが上手な子とそうでない子がいます

出産した病院で習ったようにゲップを試してみても、なかなかうまく出ないことがあります。それもそのはず。なぜなら、赤ちゃんにとってゲップの能力は生まれつき備わっているものではないからです。哺乳の吸い付き方も人それぞれであるように、ゲップの出し方にも上手い下手などの個性があります。空気を飲んでしまうのを最小限にして上手に哺乳ができる赤ちゃんがいる一方で、空気ばかり飲んでしまい、お腹に空気がたまり吐きっぽく、なかなかたくさんの母乳やミルクを飲めない赤ちゃんもいます。

ゲップが出なかったらそっと寝かせてあげましょう

ゲップのために背中をさすったりトントンするのは、3〜5分くらいで十分です。ゲップが出なかったら、そっと仰向けまたは横向きに寝かせてあげましょう。首だけ左右どちらかに傾けておくと赤ちゃんが吐いてしまった時でも安心です。飲んでしまった空気はゲップとして出せなくても、『おなら』になって排出されます。

また、飲みながら寝てしまったら、無理にゲップをさせないで大丈夫です。こちらも『おなら』になって排出されますので安心してください。また、赤ちゃん自身も月齢が進むとゲップがだんだん上手になります。首が座る頃になると、背中をトントンしなくても、自分から「げふ〜っ」と上手にゲップを出すようになるお子さんもいますよ。

空気を飲まない授乳方法として、抱っこも授乳も色々な姿勢を試してみて

首の座らない赤ちゃんの抱っこは大変ですが、毎日我が子を抱っこしていると、抱っこされる赤ちゃんも抱っこする大人も慣れてきます。色々な姿勢を試してみましょう。赤ちゃんの首と背中が一直線になるような姿勢なら、実はどんな姿勢でも哺乳が可能です。色々な姿勢を取れるようになると、授乳自体も楽になりますし、赤ちゃん自身が空気を飲みにくくなる姿勢を自然と好み、空気を飲まずにうまく哺乳するようにもなってきます。そして、これからしばらく続く育児が、グッと楽になりますよ。

 

いかがでしょうか?

ゲップは出なくても大丈夫。ゲップと一緒に吐いてしまっても大丈夫。こうしなきゃダメという育児でしなければならないことを一つでも減らしたら、もっと育児が楽になりますよ!一緒に育児頑張りましょう。

 

 

さらに詳しく聞いてみたい方はぜひ直接ご相談ください。

小児科オンラインはこれからもお子さんの栄養、消化器に関する疑問を解決するために情報を発信していきます。

(小児科医 後藤くみこ