子どものがんを疑う時はこんな時

子どものがんは年間約2,500人が発症し、子どもの三大死因の一つです。まれな疾患であることや、子どもが自分で症状を正確に伝えられないことなどから、診断までに時間がかかることもしばしばあります。頻度自体は高いものではないので、過度な心配は無用なのですが、万が一今回ご紹介するような症状がみられた場合は、病院受診をおすすめします。

Read more