子どもの炎症性腸疾患を疑わなくてはいけない場合とその後の対応

世界中で炎症性腸疾患が増えており、そのうち約20%は18歳未満に発症しているといわれています。長期間におよぶ腹部症状がある場合は、以下を参考に医療機関の受診を検討してみてください。

続きを読む